いつも購読いただいて誠にありがとうございます。

中村です。CC[コインチェック]の今回の事態には、私も驚きました。

もちろんトレード重視ですので そこまで大金を置いていたわけでもありませんがネムという仮想通貨のお陰で本当に焦りました。

今ではレバレッジ機能停止の為に現物での取引と、ザイフ、ビットフライヤーを利用しています。

コインチェックの今回の返金という発表は、「持っていた人は、損している」と思いましたが、想像を超える補償でしたので 本当に良かったと思います。

少しずつ今の制限も解除されるそうですので、本当に良かったと思います。

また返済の500億を超える資金ですが、多くの人はそのお金を更なる投資に回すでしょう。

それが何なのかというと間違いなく仮想通貨です。

私もおよその目途が立っているので、2点だけアルトコインを購入してビットコインの高騰も予測されますし、今は現物売買となっていますから、あえてビットコインも所有して、売買をしています。

 

そこで今日の話題は、2017年と2018年の仮想通貨市場についてです。

 

2017年の仮想通貨元年の特色

2017年は、どの通貨も 購入して持っているだけで価値が上がりましたので億単位のお金を手にする人が増えました。

本当にすごい出来事でした。誰でも買うだけで稼げたのです。

だからこそ その雰囲気が続いて2018年。

私は、2017年のようになる事は、殆どありません。

国、世界の問題があり 例えばICO案件などと言って上場前のコインの販売が目立ち、2017年のような何十倍、何百倍という倍率を夢見て買うのですが、殆どの人は知らないと思いますが だんだんハードルも高くなっており厳しいと思います。

これは、もうしばらくすると見えてくるかもしれませんが、売る側もそれを感じているので、「早く売り切ろう」と必死な活動が目立ちます。

いつでも日本円、ビットコインに換金できる通貨以外は、絶対に手を出さない方が良いでしょう。

 

また、もう持っているだけで価格が高騰して利益が出せたように誰でも利益が出せるという事は、殆どありません。

せいぜい今の安い仮想通貨が少し高くなる程度の話で、稼ぐには、売買を何度も繰り返さなければいけないのです。

よく仮想通貨を持っている人の中には、ガチホという人が居て握ったままの人も多いですが それでは、稼ぐ事が大してできなくなるという事です。

 

2017年は、ガチホが強かった。

でも2018年は一つ間違えると心中する事になりかねません。

 

これは、私が一番感じている事です。

年末年始は、ショートポジションでトレードする事で、大きく稼げましたし、また、年明けの暴落も何度かありましたが 予想以上に価格が低下して驚いてしまいました。

ただ、トレードする人にとっては、仮想通貨の価格は、どうでも良いのです。

上がり易い材料がある時には、ロング、下がる材料がある場合には、ショートという事をしておけば殆どの確率で負ける事がありません。

 

もちろんトレードするタイミングによりますが タイミングさえ間違えなければ高い確率である程度の予測が可能だという事です。

 

そこで今回は、2018年でも稼ぎ続けられる仮想通貨の稼ぎ方というもので、こちらの商品を少しご覧いただきたいと思います。

リップル数十枚程度のお金で購入できますが、それ以上の利益も十分期待できる内容の教材です。

 

仮想通貨バイブル

 

販売者 斉藤やす

仮想通貨バイブルは、こちら

私も同じく仮想通貨系のコンテンツを打ち出しているので、実際に読んでみたくなり読みました。

今では、全てで3章までとなっていますが かなり濃厚で 特に3章では、アルトコインの売買は、
上がるか下がるか分かっていれば稼げるだろう という部分は、衝撃的でした。

 

もちろん殆どの人は、下げがあると、仮想通貨が終わるとか、色々な事をおっしゃるのですが、
そういう考えだと確かに稼げません。

下げている理由が何なのかを把握する事で、予想と行動が大きく変わるという事です。

今回の斉藤さんの仮想通貨バイブルでは、それらが明らかに分かりました。

 

またアルトコイン編では、仮想通貨でも格安のリップルを用いた手法が公開されていました。

 

FXの章は、まだ後で公開されるようで現段階では、1章~3章で

思考編
準備編
現物売買編

これら3つに分類されています。

 

内容としては、「どのような状況でも勝率の高い事で稼ぐ」というテーマですので 準備編からしても 少し違いますが、「ここまで追求すれば間違いない」と私も感じる所があります。

 

仮想通貨バイブルの内容

まず勝つためには、勝てるタイミングと勝てる環境で勝負をするという事が基本です。

確かに面倒臭いと思う方も居るかもしれませんが、私から見ても否定する余地はありません。

現物売買に関しては、ビットコインだけでなくアルトコインも含まれています。

 

いかにして今から伸びる、今から落ちるという雰囲気を読み取る事ができれば、勝率が高まる事は言うまでもありません。

2章、3章共に この内容で取り組んでいない人の方が多いと思いますので、それだけでも十分に、元は取れると思います。

PDFに関しては、今の段階でも、通常の教材1つ分に匹敵しますが、まだ今後も追加するそうです。

 

 

 

そして今後はレバレッジ編とアフィリエイト編という3段構えとなっていますので、今でも十分と感じますが今後のコンテンツにも強い期待が持てます。

アルトコインと言えば、リップルなどもそうですので比較的安めのコインで薄利を掛け金で大きな利益に変えられるという所は、「なるほど。」と つくづく感じました。

私も利用する取引所は、少数でしたが今回の教材を見て、「だいぶ損をしていたな」と感じています。

 

勝てるか負けるかという部分は個々で差が開く事は当然ですが、ノウハウとしては、かなり素晴らしいと思います。

2017年のように、ただ持っているだけでは、もう仮想通貨は、稼げない という事も分かると思います。

 

仮想通貨バイブルは、こちら

 

今回のコインチェックは、本当に対応としては良いと思いますが、
それ以前の問題で、ネムの購入者以外のユーザーの機能制限だけは、勘弁して頂きたいなと 強く感じました。

ただ、私もそうですが、完全に機能も制限も解除されて、ネムのお金が返金された場合には、確実に大きな変動が起きると思います。

 

流れとしては、日本円の資産が管理画面上で反映されて所有ネムが0円になるという形になります。

 

コインチェックからお金をおろす人もいるかもしれませんが 殆どのお金が何かの仮想通貨に移動すると考えてください。

コインチェックを使わなくても そのお金の殆どが何かの通貨に変わると考えて仕込んでいくと良いでしょう。

 

それでは、中村でした。