中村です。

今までチャートの基礎知識として色々と紹介してきましたが、これからはもう少し突っ込んで売買テクニックを紹介していこうと思います。

今回紹介するのはMACD(マックディー)です。

明日の相場を予想する場合、あなたは1ヶ月前の価格と今日の価格のどちらを参考にしますか?やはり今日の株価ですよね。

もちろん過去の価格も参考にしないといけませんが、価格はリアルタイムで動いていますし、仮想通貨の世界では1日経つとすごく値が動いてしまい事があります。

この考え方を移動平均線に加えたのがMACDなのです。

MACDは移動平均線をさらに進化させ、売買タイミングを簡単に判断できるようにした手法で株でもFXでも人気のテクニカル手法です。

今回はそんなMACDについて紹介し、MACDを利用して売買タイミングが自分で判断できるようになれるよう説明していきます。

MACDと移動平均線の違いとは?

MACDは移動平均線を進化させて、より精度の高い分析を行うために1979年にジェラルド アペルと言う人によって開発されたテクニカル分析です。

 

わかりやすく説明すると、2種類の移動平均を使って分析する手法です。

移動平均と言っても、ただ金額を平均したものではありません。

一般的な移動平均線は単純移動平均を使っていますが、MACDで使用する移動平均は指数平滑移動平均(しすうへいかついどうへいきん)と呼ばれ、最近の価格ほど比重が重くなるよう計算するのが特徴です。

MACDを使って売買タイミングを見極める方法

MACDを利用した売買ポイントの見極め方はとても単純です。

MACDがシグナルを下から上へクロスしたポイント。

これをゴールデンクロスといいます。このゴールデンクロスが出た時は買いサインとなります。

反対にMACDがシグナルを上から下へクロスしたポイント、これをデッドクロスといいます。

デッドクロスが出ると売りサインになります。

 

どこでクロスしたかも重要な判断材料になり、グラフのより高い位置(山)でクロスした場合や、グラフのより低い位置(谷)でクロスした場合ほど強い買いサイン、売りサインと判断することができます。

MACDを使う時の注意点

MACDは非常に便利なテクニカル手法なのですが、利用する際には注意点があります。

  • 変化の無い相場ではダマシのシグナルが出やすい
  • 相場が緩やかに変化している場合は、ゴールデンクロスやデッドクロスが出ても信頼性に欠ける
  • 元々が移動平均を利用しているので、急激な変化に対応できない

ダマシとは変化の無い相場中に急に上昇相場になったと思い、買い注文を出しても、予想に反して価格が急落してしまう状況をダマシと呼びます。

このダマシはFXでも仮想通貨でもあります。

MACDを利用するときは相場の変動が大きく、わかりやすいトレンドがあるときを選ぶのがポイントです。

そして基本的にMACDは移動平均線の性質を持っているため、急な価格の上昇や下降には対応できません。

ですので分裂騒ぎがある時など価格が大きく変動しそうな時期は使わない方が良いです。

以上の注意点を意識していればMACDは非常に使えるテクニカル手法です。

ぜひ活用してくださいね!